0

「でも暗闇があった」

#ダブルでシングル#ゴスペルリビング#ゴスペルエッセンスライフ#シングルクリスチャン女性励まし、 

「ダブルでシングル」のブログを書こうと思ったのは、2017年の11月から「40日間の明け渡し」というデェボーションにお誘いを友人から受けて、「あ、それ必要!」と思って始めました。

そして、全く自分では見えていない部分の嘘が明らかにされ、暗闇に光が当てられ、嘘を認識して、敵の嘘に同意して信じてしまってきた事を悔い改め、拒否する、破棄する祈りをした事を通して、私が信じられないような平安と自由を受け取ったからです。 

その嘘は「私は神様からの助けを受けられない者」という事。びっくりです。なんで〜って感じでした。1993年に弟子訓練学校に来た時から、「Daddy Loves You -天のお父さんはあなたのことを愛しているんだよ」の体験をして、今日まで来ていて、「愛されている神の娘」のテーマでもセミナーをしたりしていたのですが。。。やっぱり自分では見えない所が心にもあるんですね。(汗)。

ー天の下では、何事にも定まった時期があり、全ての営みには時がある ー

ー聖書 伝道者の書3:1ー 

私が自由にされる事、神様は「定めている」し、「時」があるのですね。

そして、過去数年の荒野ウォークも、今の打ち破り、変革の為の準備であったとわかります。振り返ると、納得なのです。

荒野ウォークは、「私の心になるがあるのかを私が知る」為に、心の奥底まで、見えるように自分の持っていたものがなくなる時だったようです。

荒野に入り、しばらくは自分の地力の何かがありますが、だんだんなくなって来て、「樽の底」が見えるように、心の底も見せられます。うまくいってない時に、主に出会う事よくありますよね。  

「結婚」に対しては、こんなことが見せられました。 

自分の持っていたものは、例えば「大丈夫です!!」という自信や、「いつかそのうち待っていれば起こるでしょう、大体の人は結婚しているし」というなんとなくの期待感、「神の御心なら起こるし、それを信じているので、起こらない状況のことは考えない」というなんだか宗教的なもの。「こんなに沢山のことを学び、経験したのだから、私が結婚しないってことはないでしょう」という自己中心や、「神様につかえているし、沢山の人が祈ってくれているから、神様の御心だよね」という自分に都合のいい推測などなど、。。。

うわ〜、きゃーびっくり。

こんなごちゃごちゃした、ゴミの山の様なものが、私の「心・思い」の中にあって、

私の日常を影響していたとは。。。これは黒かったです。

そして、光である主を歓迎していなかったので、真っ暗だったので、

こんな「嘘の山」があったのは、見えてませんでした。

は〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

でも、天の父は親切で良いかた。ベストの為に試練も通して準備されます。




© 2020 by gospel essense life  created with Wix.com