0

「期待すること全部のっけリスト」

「結婚する事が普通」「結婚しなければいけない」と言う嘘から自由にされて

自由で、感謝な「ダブルでシングル」の祝福を歩み、いろいろなことを思い巡らせていま

す。

それを全部書くことはできないけど、いつか「ダブルでシングル」の女子会(笑)

できたら楽しいだろうな〜と思ったり。ブログが沢山たまったら、シンプルな本に

して見たいとか。。オフ会とか、、夢は育ちます。

騙されていた嘘から自由になって、それを使って人々が自由になるなら、

それは「神の国式のリベンジ」と思います。。わたしの自由はみんなの自由ですね。

さてさて、結婚の為の祈りも、止まったり、祈ったり、変わったり、祈れなかったり、

紆余曲折をして来ています。

祈り始めたのは、20年前くらいですからねえ。笑。。

最初の頃は、あれです、、、「自分の夫に期待すること全部のっけリスト」と

言われたのですが、どーも、それには心がのらず、(いま思うと伴りょとの関係より、

結婚という「形」に憧れていたようです)作ったこと無かったのです。

そして、継続して祈ることもできず、たまに祈ったり、だれかが結婚して行くときに

祈ってみたり、でもある時メッセージで「あなたは結婚のために、断食して祈ってますか?

それは、必要だし、神様はあなたが真剣であることを求めているのですよ」と言われ、、

コーヒー断食か、チョコレート断食をちょっとしたくらい。

最近 わかったのですが、「結婚」も自力でするものと思い込んでいたので、

私の思考の中の「祈りによって神の御心が解き放たれる」事の中に、結婚は入っていませ

んでした。だから、真剣に祈るって事ができなかったかも。

でも、数年前に、「あなたの将来の夫のために祈るべき」と教わり、確かにそうだと

思って、将来の夫の為に色々祈ったり、この頃に「自分の夫に期待する事全部のっけリス

ト」を作り、また聖書箇所からの宣言とかも作りました。そして祈りましたよ、しばらくの

間、でも しつこく毎日祈ることは難しいですね。(汗) 

でも、祈りは天のお父さんとの会話、私の欲しいものをお父さんに話をすることは

私の祝福を「もらうつもり」だからです。

ないと思ったり、「もらえない」と思っていた時は、自分の為には祈る信仰は

あんまり無かったんです。 まあ、そんなことも最近 わかったのですけどね。

アイデンティティーの問題でしたね。心の深いところでは「孤児マインドセット」で

まだ歩んでいたので、「助けがない」「将来の事は考えられない」でした。 

そう、「期待する事全部のっけリスト」は、いいですよね〜 

自分が心で、深いところで何を求めているのか、何がしたいのかを

知ることは、とても大事です。

「結婚」のことが大きくなりすぎても、困るけど、結婚は人生のパートナ

を決めること、同じ「くびき」に入ることなので、

ビジョンは必要だと思うのです。だから「期待全部のっけリスト」は

良いアイデアですよね 

「幻の無い民は滅びる」と箴言にありますけど、結婚も「幻ービジョン」が

あり、聖書を読んだらわかりますよね〜。

ただ「結婚」したい 、と思っていた頃は神様も、私の動機を

知っていて「まだ時じゃ無い」とちゃんと待っていてくれたのです。

このころの動機は自己中心でした。自分が愛されたかったし、

安心したかったのかな?と思います。 

「結婚すること」も、今の私にとっては「信仰を働かせること」です。

日本に住むことを考えたら、日本のクリスチャン人口や、自分の年齢や、

両親の年齢や、私のやりたいことを色々考えると、自分の「肉の思い」で

考えると、「独身が楽だし、相手がいるのかな?」が浮上しますね。 

もうすでに「伸子さん 結婚したいんですか?」と聞かれる事も無くなりましたが。笑。

最近は「ダブルでシングル」で平安がいっぱいなので、ハッピーシングルです、

天の夫はもらったし、一生独身としての人生設計できるようになった!と笑っている自分が

奇跡のようです。笑。。 ハレルヤ。

でも、「私たちの願うことを神が聞いてくださるとすれば、神に願ったその事は、

すでにかなえられたと知るのです」と1ヨハネにあるので、神様は私の20年前

からの「結婚のため、夫の為」の祈りを「聞いて」くれている訳で、無視はされていない。

そして、私が祈れなくなっても、神様はその祈りに神様の時に答えてくれることを

信じています。信じることにしました。そして沢山の友人たちが祈ってくれている事も、

忘れる事はできません。 

もし、ダブルでシングル中の方で、「リスト」作って天のお父さんに

心を分かち合ったことがないならば、ぜひ!お勧めします〜

伸子


© 2020 by gospel essense life  created with Wix.com