0

「神様とおしゃべり」について 

#神様とおしゃべり#ゴスペルリビング#神様の声を聞き分ける#神様は生きている#預言#ゴスペルエッセンスライフ#クリスチャン常識


こんばんわ!

今日も暑い1日でしたね。夏休みシーズンです。

今年はいつもと全く違う夏ですが、2020年のことも端から端まで知っている

方と私達は生きていることが不思議です。


神様は時間軸の中に住んでいるのではなく、過去と未来と今も全ていっぺんに見ることができて、選んだところに「介入」することができるようです。


神様の事を説明する時に習った言葉ですが「遍在」という言葉でどこにでもいるという意味です。という事は、場所や時間が神様には問題でなく、私達とは全く異なる存在であることもわかりますね。安心です。


神様の不思議さは、「神」なので、人ではなく、私達と完全に異なる存在で

天地創造の創主で、私達の「いのちのみなもと」である方。

であるのに、私達との関係の回復のために 御子を送られて、神が人になり

私達と共に住まわれて、今はその御子イエスを信じる人のうちには聖霊なる神が

住んでいる という あわわわわ。。。。なんとも素晴らしい、そして頭ではわからないけど霊で受け取って信じます。聖書に書かれているので、同意しますと、力一杯アーメン!!ということなのですね 。。


そんな「無限で、全知全能で、遍在」、ようするに 制限がなく、全てを知っていて行うことが可能で、どこにでも(すべての場所に)いる 神様なのですが、「人格」があります。だから私達人も

「人格」があるのですが。。。。笑 人格って英語ではPerson パーソンとなり、個人、というようにも使うのでしょうか。。。要するに イエス様が地上に「神の子」「人の子」としてきてくれたので、私達が神様を「人格のある方」であるとわかるのですね。


人格がない「もの」や「ちから」とは会話することができません

でも、イエスキリストによって私達にご自分を教えてくれている方、

聖書というお手紙をくれて、私達を教え、導いてくれている方 

聖霊様が実際に、イエスキリストを信じた人たちの内に住んでくれて内側から

私達に語ってくれる神様 


そんな素晴らしい神様の事をもっと知りたくないですか?

もちろん、聖書の学びはめっちゃくちゃ大事で、聖書を読まないと「自分のイメージする神様」が本当の神様の姿と凄くずれることになっていってしまうことも可能性大です 


聖書勉強も、祈り会も、賛美集会も、セミナーも、自分と神様の時間も

教会の礼拝や、交わりのみな大事な事ですね。


でも、神様と神様を信じる人々、神様の子とされた信者たち。クリスチャンが

天のお父さんと仲良くなる事は天のお父さんの情熱だと知っていますか?


両親がいつもこどもたちに名前や、役割で呼ばれるということは

ほとんどないと思うし、考えてもちょっと不自然ですよね 

父と子の関係には「お父さん」と呼ぶ 娘達、息子達が必要ですね 


イエス様は地上で「神の子」として現れて、神様が私達の父である事を

示して、現してくれました。

私達が「クリスチャン」「信者」「キリスト教徒」から

「天のお父さんの娘達、息子達」に成長する時だと思いませんか? 


その時が来たのだと思います

そして「神様と話す事を求めて、真理を探している旅」をしているあなたが

神様の声を聞くだけでなく、おしゃべりができる仲良しになる神様の呼びかけを

聞く時が来ていると信じています。 


ですから、神様とおしゃべりをする事がもっと普通になればいいなあと

思い、現在「神様とおしゃべり」という小さい本を執筆しています

読みやすく簡単に実践できるような本を目指しています〜 


これは読む方に聖霊様が働いていてくれるための本なので

乞うご期待です。聖霊様は私達が真理を知るために働いてくれる方です

私も書きながら期待満々です 


53回の閲覧

© 2020 by gospel essense life  created with Wix.com