0

「羊は羊飼いの声を聞きわける」 

#神様の声を聞く#神様とおしゃべり#ゴスペルエッセンスライフ#相馬伸子


〜牧者は自分の羊たちを、それぞれ名前を呼んで連れ出します〜 ヨハネ10:3 


教会というイメージに、昔は「迷える子羊」ってついてきていませんでしたか?


羊の生態は面白いのですが、聴覚は良い、そして視覚も悪くない

面白いのは 羊の目は横に長いので、260度から300度みえるので

頭を動かさなくても後ろが見える。😁


でも、奥部や影がよく見えないので、つまずいたりする。。。だそうです。 


前を向いていても、後ろが見る。

羊飼いは、「先頭に立って行き、羊たちはついていきます」と4節にあります。

この時は普通に前を歩く羊飼いを見ている。


中東の羊飼いは、後から来るんだよということも聞いたことがあって、

それもふしぎだなあ〜と思っていたのですが、これですこし謎が解けました。 


前を向いて歩いていても、自分の後ろにいる羊飼いをみることができる。

でも、2箇所に同時に焦点を当てることはできるのかな? 


後ろから見ている羊飼いのことを 考えたら、

この箇所を思い出しました。


〜そこで、彼女は自分に語りかけた主の名を「あなたはエル・ロイ」と呼んだ。

注解 すなわち「わたしを見てくださる神」創世記16:13 


後ろから見ている神様 

私たちが見えていても、見えなくても、いつも見ていてくれる。

振り向いたら 良い羊飼いがいる 

自分が先頭を歩んでいるように見えても、主は私たちを前から、後ろから導いてくれる 


私からは見えていなくても、私のことを導いてくれる。 




62回の閲覧

© 2020 by gospel essense life  created with Wix.com