0

感情には始まりと終わりがあります


#魂と霊の癒し #SOZO,#イエスによる癒し#ゴスペルエッセンスライフ 


【感情は始まったら終わらせる必要がある】

だから「怒っても、罪を犯してはなりません。

憤ったままで日が暮れる様であってはいけません」エペソ4:26、27なんですね。

ということを再確認させてくれたのがこのポッドキャスト。 今から20年前に自分では「燃え尽き症候群・バーンアウト」したと思っていましたが、この話を聞くとバーンアウトの入り口で守られていた様です。

自分では予想していなかった「魂や霊、体の癒し」の事に 関わる導きで働いていますが、「感情について」再確認。

すでに愛子ホーマン博士の本や動画で色々と体験と学びをして 深ーく納得、いのちを生きる知識と情報を得ていますが、 今回でも再確認 


①私たちの人生の「全てのこと」を体に記憶していて、 それは脳だけでなく、脊髄の神経や、皮膚に至るまでの 「記憶する神経細胞」の中にある。


**これって驚きですね、 それがいつも表面にあるわけでないけど、記憶はあり、私たちは その記憶のエコーを聞きながら生きているね。


②感情には始まりから終わりがある、始まった記憶を途中で 止めてしまって、最後までプロセスできないと「詰まった感じ」前に進めない感じがする 


** これが「怒っても罪を犯してはなりません=怒ることは罪ではなく、

自分が怒っている感情を自分が気がついていないと、

または 押し隠していると 人体に悪い毒素が脳から出てくるとドクター愛子は話していました。そうそう、特に私たち、気をつけないと「クリスチャンなのに怒ったら。。。」

となって始まった感情を止めてしまう、

最後まで解決しないと苦味や恨みの原因になりますよね〜。

また「憤ったままで日が暮れる様であってはいけません」なのですね。

その日のうちに自分の怒りの感情や色々な感情を対処してねってことです。 


これを昨夜聞いたのですが、今朝色々示されて 自分の中で長年隠れていた「神様に信頼しきれず、自分で 王様になって頑張る」ことが示され、自分の苦しかった時の 感情を神様に訴えて、受け取っていただくことができました。

神様の誠実さですね。 


自分では「これが普通」と思って私たち生きていますが 実際は 沢山の傷や誤解をもったままあゆんでいるのも 事実ではないかな〜と思います。 体のセルフケアをするように、魂と霊もセルフケアお勧めします。

9月に開催した「SOZOセミナー」の動画編集終わりましたので、 近日販売です。自由になり、自分で解放や感情の癒しを聖霊様に受けるために祈る祈りかた、質問の仕方などのツールボックスです。乞うご期待! 

あなたの癒しは日本のリバイバルのため あなたが癒されるのは、主イエスの姿がもっと輝くために 欠かすことはできませんよ〜 みんなで癒され、主の真理を輝かせましょうね!







3回の閲覧

© 2020 by gospel essense life  created with Wix.com