0

独身アレルギーの話し 

数年前の話に戻ります。

その夏は、沢山の失望と不信仰と戦っていました。


人生全般で、「自分の季節は他の人とぜんぜん違う」し

「自分の夢に見ていた人生」にはまだまだ追いついていない。

自分こんなところで、何やっているのか?です。  


今振り返って見たら、「比べること」や「自分を責める」思いを

敵が撒き散らす事をヤラセっぱなしにしていたのですが。。


夏休みとクリスマスは独身のクリスチャンが「プチ鬱」を

体験する季節だから、戦いだっていうのきいたことありますか?


近年はSNSで、フェイスブックやインスタグラムで他の人たちの

「成功している、楽しそうな」写真が切り取られて、まるで人生全部が

楽しくて、成功しているように見えるような事もあるからでしょうね。


確かに家族、夫婦や子供と一緒の友人や年齢の近い、またはだいぶ若い

友人たちを祝福する選択をします。(羨むのは、妬むのは人のものを欲しがることを、神様が私の欲しいものをくれないと言っているような罪ですよねー結果自分に良くない)

簡単ではない時もあると思います。

でも、勝利の作戦は、意図的に祝福して、肉の声を黙らせる。笑。聖霊に従うのです。

そして祝福を神様からもらうのです。別口で。笑。。   


私も「伸子さんは、いつもミニストリーとか、旅行とかで忙しいねえ」と

コメントもらったりしますが、実際はそうではなく、笑。

普通に自分の部屋でぼーっとしている時には、あえてそれをFBに載せることは

していないからです。


その夏は、予定がほとんどなく、毎日を色々なメッセージの動画を見て、

時間をすごしていたのです。

自分の「独身アレルギー」の一番大変な時だったですね。


まるで食物アレルギーのように、自分が「独身」であることが、

自分の一部として受け入れられず、一生懸命反応して、追い出そうとしていました。


「独身」っていう漢字も、嫌だったですよ。「独」って「独裁」とか「孤独」とか

いいイメージがない!!!ので、シングルで一人ならまだしも〜。。って


「一生独身者の召」も神様に言われたことなく。

いつか結婚しているだろうな〜と思って、多分その頃は40歳くらい。

正直「いつか結婚している」という思いは無くなって、


「なぜ自分には、夫が与えられないのか?」「祈ってもらっているし、

自分でも熱心にではないけど祈っている」「自分の生活、経済はどうしたらいいのか」

「今一緒に住んでいる高齢の両親の介護にこのまま入るのか?」などなど、悩みは

山盛りだけど、数人に分かち合うけど自分の心に打ち破りはなく、啓示が来ず。 


反対に「神様に夫を下さいって祈っている、結婚したいですって言っているのに、

一生独身でいることを予測して人生を設計することは不信仰じゃないのか」と、

恐れと宗教の霊のダブルパンチで大騒ぎをしていました。


あの時ほど、「自己憐憫」と「メソメソ泣く」ことにはまってしまった時期はありませんでしたね〜。 


でも!神様は 「救い主」なので「レスキュー」してくれるのです!!



最初は、ビルジョンソン師のメッセージでこうきいたのです。


「あなたの人生を見ている時、希望を感じられない領域、物事があるなら

それは敵の嘘のレンズを通して見ているから」というのです。。えっ。。。。。


なんですか それは?? 


「イエスキリストはあなたの中にいる「栄光の望み、希望」なので、彼の視野で

見ることができるはず。そこには希望がある」


ヒャーーーーーーーーー、騙されてた!!!盗まれてた!!!!!!!!!

裏口、開けっ放しで盗人入りたい放題。。。


そうなんです。

私が「希望」を感じないことは「独身」という「人生の状況、持っているもの」を

神様の視野から見ていない、「いと高きかた」の希望の椅子に座ることをやめてしまって、

地上に視野「この世」の視野、私を恐れているから騙そうとする「敵のささやき」に

完全に騙されてしまったのです。 


「希望はイエスキリストである」ので、人生すべての事を

イエスが解釈するように、イエスが考えるように考える必要があったのです。 


なるほど。。。。


「この奥義とは、あなた方の中におられるキリスト、栄光の望みのことです」

                         ーコロサイ1:27ー 


奥義って「ミステリー」という意味ですよね。

そして、信者の私の内にいる、キリストは全ての事の「希望」であること。

なぜならば、イエスキリストのすることは、全てが「良いこと」「全ての主」なので

「足りない」とか「欠けてる」ことはあり得ないのです。 


だから、その「栄光の希望、望み」を持って、そのイエスキリストが見ているように

「独身」を見たらそれは恥や恐れや絶望はないのです。


私にして見たら、イエスも一生独身だったということを聖霊様に示された時も、

ハッとしたのです。世界最上の独身だと思います〜。

やっぱり、神の思いと、私の思いは違うますね〜笑。感謝です 


 


そして「あなたの信仰のようになる」のが、神様の作った原則なので、

私が「独身」ということを「恐れと不安と不信仰」のレンズで見ていたら、

そのような信仰が(思い)を導き、神様の良い計画を湾曲させてしまうのです。 



続きは次回、もう一つのレンズの話をします。


あなたの「独身」を見ているレンズは イエスのレンズですか? 

希望と真理のレンズを通して見ていますか?


それとも、落胆や悲しみや失望のレンズで見ていますか? 


〜祈り  


天のお父さん 


私の人生のために 良い計画を持っている事を感謝します 


キリストのうちにある人生は、全てが「希望」を持って見ることができるものです


私の「独身」である事を この世の視野で見てきた事、敵の嘘に騙されて信じてしまった事


告白して、悔い改めます。考えを真理に戻します。 


神様の視野で「私の独身」を見ることを教えてください。 


私を作られた時に「非常に良かった」と言った神様の計画を知りたいです。 


私の心の傷や痛みをあなたが取り扱ってください 


私はどのような状況でも、あなたが準備している全ての祝福を 


受け取ります。 イエスキリストの名前で感謝して祈ります アーメン 








© 2020 by gospel essense life  created with Wix.com