top of page

10月13日「賛美礼拝WS・神の祭壇」レポートブログ 

#賛美礼拝ワークショップ #預言的礼拝 #主の栄光を求める #大阪から主の祭壇 

#相馬伸子 #神様の声を聞く  #ゴスペルエッセンスライフ 



主の導きで、ついに始まった、急に始まった「賛美礼拝ワークショップ」。


クリスチャン人生で一番大きなこと、「賛美礼拝」「預言的」の油注ぎを分かち合う為です 


主が私を色々な場所に連れて行ってくれて、日本の一地方教会では体験することができない


日曜日の賛美礼拝、賛美礼拝のカンファレンス、賛美リーダーたちと一緒に暮らすこと、


びっくりするような聖霊の現れ、金粉や天使の羽、聖霊の力で撃たれること。


自分の中から、聖霊が「ラテン音楽的な異言の歌をとりなしのために歌うこと」や


聖霊に足首を掴まれて大きな会場で走り出し、踊ることなどなど。。。💦😆


これは「今」の日本の兄弟姉妹たちに分ける為に、あの時があったと個人的には確信してい


ます。聖霊の働きの中に自由に動き、預言的に導きを聞き取り、全体を導くことも、自分が


そのような環境の中にいたので、油注ぎをもらってきたのですね。そう思います 


ですから、今回のワークショップ(以下WS )は、「神の祭壇」で礼拝することをシェアす


すことに導かれました。賛美礼拝に対しての多くの教えや見解や習慣があるなかで、聖書か


「祭司のつとめ」や神に合う場所としての祭壇、そして日本人であるなら、先祖からの


偶像礼拝や、神社での参拝の文化の影響から解放され、自由になることが必要であること


などを分かち合いました。30分ほどの時間をとりました  


その後は実践の賛美として、私がピアノから歌を使って賛美を始めて、途中からは


自分の言葉とメロディーで「新しい歌」を歌って 主に捧げること、口を開いて感謝の


言葉を出すこと。赤い布を使ってダンスをしていた姉妹が導かれて、みんなの足に聖霊の炎


をつけるようにと赤い布の上を皆で渡り、踊り、捧げて、聖霊の炎と煙が満ちる時間でした


それぞれ心の目で見たことや、体験したこと、感じたことは違うのですが、炎や煙、


そして聖霊の自由を感じ、終わって写真を撮っている時に、参加者の数名に金粉がついて


いました。主の栄光ですね!!!  


ティーチングの部分全体と、実践の賛美の編集後をHPのストアで販売しています


よかったら チェックしてくださいね 


次回は11月10日(金)19:15~です 















閲覧数:51回0件のコメント

Comments


新規受付お休み
bottom of page