top of page

12月15日(金)賛美礼拝WSのレポートブログ 



2023年最後の賛美礼拝ワークショップも打ち破りのある、時間になったことを


感謝します 


今回は12月でもあり、「御子イエス」を賛美礼拝するテーマが来たので 


最初の学びの時間は「御子イエスキリスト」について聖書からいくつかの箇所を 


分かち合いました。 


動画の中でも語っていますが「賛美」は「誰かや何かの偉大さを宣言する・語る」という 


意味でもあるので、その人や事柄が「どのようなことか」を知ることによって動かされる


ことも重要だと感じています。


聖書で「主に叫べ」「主をほめたたえよ」とあるから、従順によって 「ハレルヤ」などど


叫ぶこともあり、それも素晴らしいのですが、それだけでは自分たましいと賛美がつながら


ないことばかりになっても残念です、心からの喜びや歓喜を解き放つ時に、賛美は私たちの


たましいを健康にしてくれます。


日本だから、文化だから「静かで目立ちたくない」人たちだよ、とよく聞きますが、


現在の日本のサッカーや、野球の応援や、昔からの激しい神社系のお祭りをする


のは日本人ですよね? 結局「心を尽くして、思いを尽くして」イエスキリストを知り、


理解し、愛することは戦いだということです。他の事柄がクリスチャンからも注目を奪って


いることがあまりにも普通で、、、残念です!!



賛美すると、輝くのです✨そして賛美すると主の臨在が降ったり、霊的な自由が増加するの


ですが、なぜか今回のWSで、最初が重かったのですが、しばらく賛美をして、悔いあたら


めに導かれ、その後に「喜びのスキップ」をしている映像が心に見えたので、私はピアノを


弾いていたのでうごきませでしたが、参加者がスキップを始め、喜びの叫びを上げると 


10分くらいかかりましたが、打ち破って霊的な流れが変わりました。✨感謝します 


聖霊の導きによる賛美礼拝は、その場所にいる人たち、地域に影響を受けたり、影響を


与えるので、簡単には天が開いたような臨在が来ない時もありますが、私たちはそこでさら


に喜びをもっ激しく賛美して、打ち破りを主によって体験します。天が地に入ってくる様に


パートナーシップです。 


終わりの頃に、主の臨在の中に安らぐ時間があり、聖霊の炎を求める祈りの時間で


12月15日の賛美礼拝WSは終わりましたが、私たちの中に現れる栄光にまた驚き感謝でした


炎を受け取り、栄光を見せてもらう、生ける神の現実の現れのために心尽くして、力尽くし


賛美するのです。賛美礼拝の次の日に、筋肉痛になっても、声ががらがらになっても、主は


わたしたちが心尽くして賛美するにふさわしい方です。 










閲覧数:19回0件のコメント

Comments


新規受付お休み
bottom of page