「自己防御の壁を砕き真理の壁を建てるセミナー開催」

#Dr愛子メゾッド#自己防御の壁を砕き真理の壁を建てる #インナーヒーリングとインナービルディング両方必要  #神様が本当の盾 #ゴスペルエッセンスライフ


過去にも数回開催してきました「ドクター愛子ホーマン」の教え、Dr愛子メゾッドを

使って「自己防御の壁を砕き真理の壁を建てる体験セミナー」を4月17日、18日に開催します。


このセミナーは参加した方が自分の人生に建ててしまった自己防御の壁を主と共に砕き、壊していくプロセスと、その壊した壁の後に聖霊様から受け取った真理を個人的な城壁として

建てあげる為の教えと体験の時間になります。 


「言葉の力」はよく知られていますが、その言葉が出てくる「思い・心・たましい」によって言葉を発しても、思っただけでも同じ様な結果になることがあります。


人生で受けた傷やトラウマ、日常の繰り返す嫌がらせなど自分を守必要性がある、と感じる出来事は沢山あります。そのような時に私たちが神様に頼らず、自分で自分を守ろうとして誓ってしまうことや、独り言として繰り返す言葉がありますね。


しかしイエスキリストに信仰をおき、助けを主に頂くものでない選択をする時は、自分を守っているつもりが神様が与えようとしている守りや祝福を自分(自分だけという中立な場所はなく、神様の支配の中か敵の支配の中になるので)から遠ざけてしまいます。


私たちの「信じること」「告白すること」は肯定的、否定的に両方に働きます。


人生の問題や解放されたいことがある時には、天の視野から見下ろして神様の視野で問題を見せてもらう事をDr愛子は「天からの視野」として教えています。


この自己防御の壁を砕く時にもミニストリーをする人が壁を砕く祈りをしますが、それがメインではなく、解放を願う本人が神様の願っていない応答(結果的に罪ですね)をしているので、具体的な根や、壁を本人が見せてもらい受け取ることが必須になります。それが「神様の声を聞く」セミナーシリーズ2 となっている理由です。


インナーヒーリングの後には、真理をしっかりと自分のものとして握って、敵が囁いてくる疑いや不信仰の声を拒否して、真理を選択し続ける工程が必要で、それをインナービルディング、心を建てあげると読んでいます。癒されたと思ったけど戻ってしまったり、同じ問題を繰り返すことは、自己防御の壁を砕いた後に真理の壁が建てられていない、嘘の根を抜いた後に真理の種を植えて成長することに成功していないことも大きな原因です 


私達は「祈りを受けて癒される」ことを願う傾向がありますが、祈りを受けることで癒されても、自分の権利を取り戻して責任を取って時間を使い真理を自分のものにしなければ結局壁のない町のようで攻撃に弱いでしょう。また自分の願っている実のなる木の種を植えて成長する為には自分が働くことが必要です、その必要性をDr愛子やDrキャロラインの脳科学と聖書箇所を土台にした見解からセミナーの後半では学びます。


ご自分のインナーヒーリングだけではなく、このセミナーで体験することは互いに祈り合うこと、回復と建てあげる為に実践することができます。 


日程 4月17日(土) セッション1 16:00~17:30

            セッション2 18:30~20:30

   4月18日(日)  セッション3 15:00~16:30

            セッション4 17:30~19:00

フェローシップタイム(軽食を楽しみながらの交わり)をセッションの間に準備しています

会場 主イエスの恵み教会 神奈川県茅ヶ崎高田4-4-11 小池ビル2F

参加費 全日4500円(フェローシップタイムの軽食が含まれています)

参加ご希望の方は 1、氏名、2 メールアドレス、3 電話番号をインナーヒーリング&ビルディングセミナー参加希望」とメールで nobukosoma@gelgoodnews.comにお願いします。

参加費の振込先を返信いたします。入金確認のメールで受付終了になります

キャンセル料についてーフェローシップタイム軽食の準備のため13日以降のキャンセルには500円、15日以降のキャンセルは1000円のキャンセル料を頂いてからの返金になります。 

神様の声を聞くセミナーシリーズ2

 ~受け取った自由を保ち、真理の中を力強く歩むために~

 癒しの祈りを受け一時は解放されたたけど、元に戻ってしまったり同じ問題を繰り返して

いることはありせんか?それは嘘の壁を壊した後に真理の城壁を建てていないからかもしれません。このセミナはーでは「嘘の壁を砕き、真理の壁を建てる」事を聖霊様から受け取りながら体験することができます。 

「自己防御の壁を砕き、真理の城壁を建てる」~自己防御の壁とは、傷や苦痛から自分を守ろうとする時の選択また敵の嘘を信じた結果、私達の選択した行動や言葉によって目には見えなくても建てあげている霊的な壁のことを言います。これは束縛であり神様からの助けや祝福を妨げ、また主が解き放っている祈りの答えを私たちの目前で止めてしまっている要因なのです。

 これから自由になるためには、聖霊様の導きに従って壁を建てた原因を示して頂き、悔い改めや赦しをすること、神様の守りと武具を受け取り、自己防御の壁を主の御名で打ち壊し、神の炎で燃やし尽くすことができます。そして真理の城壁(神様の与える守り)を聖霊様に具体的に示して頂いてしっかりと受け取ります。(ドクター愛子メゾッド)

それを土台しにて自分の信じていた嘘、それに対する真理を祈り、宣言し、メディテーションすることで真理・御言葉をたましいに植え付ける為のパーソナルノート(自分専用)を制作します。

SOZOや自己防御の壁を砕く、その他多くのインナーヒーリングミニストリーを通して癒しや解放を受け取ります。しかしせっかくの解放や受け取った真理が敵によって奪われ、同じ束縛、問題を繰り返すという状況は少なくありません。

 私達はミニストリーを受けて癒しや解放を体験しますが、受け取った真理を自分のものにする=思いを変えることは自分に責任と特権が与えられています。ローマ12:2節で「心を新たにすることで自分を変えて頂きなさい」といありますが、心(思い)にあることを新しくする(嘘から真理に入れ替える)ことは自分が時間をかけて真理を思いめぐらせる事によってできることです。それは人間の脳について研究していたドクター愛子も言及しています。与えられた癒しと自由は種のように働きます。癒しや解放の後には、自分のたましいの畑を作り、受け取った真理の種を撒き、収穫まで忍耐を持って働くことでより多くの祝福の中を歩みましょう。 




  

335回の閲覧0件のコメント